同事建設株式会社

MENU

CSRの取組み

 当社は「社員が一体となって、顧客の立場にたって顧客の要求を満たし、満足感のある作品(建築物、土木構造物)を、品質・環境・安全衛生を確保し創造することにより、社業の発展を通じて社会的責任を果たし、社会に貢献する」という経営理念の基、建設業を取り巻く社会状況の中で事業活動を行うことだけではなく、労働環境問題やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮、地域社会との共存・貢献といった企業が果たすべき社会的責任を重要な要素と捉え、CSR活動に取り組んでいます。

CSR活動を支える「5つの要素」

1.労働環境の整備

 当社の「労働安全衛生方針」に基づき「健康保持増進年間計画書」を計画し、次の重点対策を掲げ管理し改善し推進し、働きやすい環境づくりを目指しています。

健康保持増進(働き方改革)

  • 健康管理(健康診断結果の有所見者の削減及び健康増進)
  • こころの健康づくり(ストレスチェック・メンタルヘルスケア)
  • 過重労働による健康障害防止対策(労働時間の管理、時間外労働の削減、年次有給休暇の取得促進)

2.コンプライアンスの徹底

 企業が順守すべきコンプライアンスも変化しています。どのような組織体制を構築した上で、コンプライアンスを遵守するかが重要になっております。当社は社内ル-ルの徹底や個人情報の保護、各業務のマニュアルなどを作成し法令・規則及び倫理的観点をふまえ、社員一人ひとりの意識と行動が不可欠と捉えコンプライアンスの遵守に取り組んでおります。

3.環境との調和

 当社の「環境方針書」に基づき、マネジメントシステム作成し、環境に調和した建造物を作り上げることを第一として取り組むと共に、施工中の現場周辺は利害関係者にとって非日常時であることから、利害関係者さらに自然に対しても環境に配慮し、取り組んでおります。また、環境緑化活動の一環として、オフィスや店舗などの壁面に緑を増やす、緑化事業を推進しております。

マネジメントシステム(統合マニュアル)

  • ISO(環境)14001:2015(取得運用)

4.現場における安全衛生管理と品質管理

安全衛生管理

 当社の安全衛生管理は「安全衛生マニュアル」を作成し、これに基づき「安全衛生管理計画書」を計画し、次の重点対策を掲げ、管理し改善し推進し、現場での安全で働きやすい環境づくりを目指しています。

  • 安全衛生管理体制の確立と強化(安全衛生協議会及び店社安全パトロ-ルの毎月の実施等)
  • 安全衛生教育の計画と実施(雇入れ・作業変更時の教育・若手研修等)
  • 工事現場における安全衛生活動の強化(安全施工サイクルの実施やKYK・TBM・ヒヤリハット活動の活発化等)
  • 健康診断の完全実施(雇入れ、定期、特殊健康診断の実施)

安全衛生マネジメントシステム(安全衛生マニュアル)

品質管理

建造物づくりにおける品質管理は「品質方針書」に基づき、マネジメントシステムを作成し、運用し、改善し、顧客満足を得る建造物を作り上げることに取り組んでおります。

マネジメントシステム(統合マニュアル)

ISO(品質)9001:2015(取得運用)

5.地域社会との共存・貢献

 当社は企業が果たすべき地域社会との共存と、地域社会への貢献としてつぎの活動をおこなっております。

「災害時事業継続計画(BCP)」

東日本大震災の被災体験から、災害時などで当社は重要業務をなるべく中断させずに地域の建設企業として災害時にできる限り地域の救援、復旧活動にあたり地域の期待に応えることが急務でありました。この被災経験を基に「災害時事業継続計画(BCP)」を作成し、訓練などを実施し継続的改善に取り組み、災害時に速やかに活動ができるよう取り組んでおります。

地域の消防団活動への事業所としての参加

地域の消防団員不足が深刻な問題であり、社員が参加活動。

地域清掃

まち美化サポ-タ-として、定期的に会社周辺道路の清掃活動(ゴミ拾い等)の実施。

子供110番事業所登録

子供たちが危険を感じたときにいつでもかけこんでこれるように。

献血活動

本社において、社員及び協力業者による献血活動を実施。

AEDの設置

本社及び建設現場事務所にAEDの設置。